のびる。いきる。つくる。

株式会社ウォンツ

Illustrator(イラストレーター)講座
「文字の入力」講座一覧

文字の入力

チラシやポスター等の作成で必須の、文字入力の方法を解説します。また、文字を美しく 見せるための、文字間調整作業である「トラッキング」と「カーニング」についてもお伝 えいたします。

YouTube Preview Image

文字を別のファイルから配置する

イラストレーター(Illustrator)で文字を入力する際、コピーペーストをしたり自分で入力することも多くありますが、例えばテキストファイルから読み込む、ということもあります。ここでは、デスクトップにあるテキストファイルを配置する方法をご紹介しましょう。

テキストツールをドラッグして文字ブロック(入力できる枠)を出します。
文字を別ファイルから配置

[ファイル]メニュー→[配置]でテキストファイルを指定します。オプションダイアログが表示されますが、ここは読み込むテキストファイルを作成したときのフォーマット(形式)が何かを指定するものです。選択して[OK]をクリックします。
※ちなみに一般的にはShift JIS(シフトジス)が日本語、ANCI(アンシー)が欧文です。
文字を別ファイルから配置

これで配置されました。
文字を別ファイルから配置

ドラッグでうまく文字選択ができない場合

文字の一部を選択するためにドラッグをすることは頻繁にありますが、カギカッコなどの記号がある場合にそれがうまく選択できず、余計な文字まで選択してしまう場合があります。

そんな時に便利なのが、ショートカットキーです。

Shiftキーを押しながら、左右どちらかの矢印キーを押すと、1文字ずつ選択されていきます。
文字を確実に選択

イラストレーター(Illustrator)だけでなく、MicrosoftWordやExcelなどでも同様に使えるショートカットキーです。

文章の行間を調整する

イラストレーター(Illustrator)では文字を読みやすくするためのツールがたくさんあります。ここでは行間を調整する方法をご紹介しましょう。

まずは文字パネルを表示させます。

[ウィンドウ]メニュー→[書式]→[文字]、もしくは、Ctrl(command)キー+Tキーで表示されます。その際右上にある下向き三角をクリックして[オプションを表示]をクリックしておきましょう。↓
行間を調整する

文字ブロックを表示させ、[行送りを指定]をクリックし、間隔を選ぶと↓
行間を調整する

行間が広くなり、読みやすくなりました。↓

 行間を調整する

新聞の見出しのように、文字を長体、平体に調整する

長体・・・縦長の文字(横幅を縮めたり伸ばしたりする)
平体・・・横長の文字(縦幅を縮めたり伸ばしたりする)

イラストレーター(Illustrator)では文字のサイズはもちろん、縦長にしたり横長にもできます。

文字を選択し、[水平比率]の値を低くすると、横幅が縮まります。
長体と平体

[垂直比率]を高くすると、縦幅が高くなります。
長体と平体

長体と平体

さらに詳しく知りたい方へ。プロ講師が伝授!短時間でイラストレーターをマスターできるDVD

●デザイン/DTPに役立つDVD講座、好評販売中
DVD講座販売総合サイト
Illustrator(イラストレーター)使い方講座専門店
Photoshop(フォトショップ)使い方講座専門店

友達に教えてね

このエントリーをはてなブックマークに追加